スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【FS】ダイジェスティブクッキー/Digestive cookies
結構前にTwitterに載せていた写真。
本物のクッキーのテクスチャを型取りしたので、クッキーを作ってみました。なんという自然な流れ。

間に白粘土を挟んで、クリームサンドクッキーのつもりです。
h_IMAG0998.jpg

重ねてリボンをかけると、それっぽく見えます。(たぶん)
h_IMAG1005.jpg

※ブログランキングに参加中です。
※記事がお気に召したら、アイコンクリックで投票していただけると、励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
【FS】イチゴの作り方/Strawberry making(&study)
先日、アートフラワーを教えていただきましたが、
粘土製の苺はその場で作ることができないので事前に作っておきました。

私は基本的に、果物系はモデナ(比較的重めな樹脂風粘土)で作ります。
ただ今回は「苺は軽い方が良い」と聞き、さらにBUNKOさんにアドバイスもらったので、マーメイドパフィ(軽量粘土)で作ることにしました。
せっかくなのでモデナと2種類作って、見た目がどう違うか観察します。

1.芯作り。
軽量化のため、苺はいつも半分がハーティです。苺全体の半量を、楊枝に刺して涙型にしておきます。

2.苺の外側作り。
芯に、残り半分の粘土を被せます。普段はモデナ。今回はモデナ製のものとマーメイドパフィ製の2種類を。
写真はないですが、この時点では見た目はどちらも真っ白で、そんなに変わりません。

3.粒模様付け。
できるだけ中心が傾かないように(難しい…。)外側を被せたら、粒模様を付けます。
私はピンセットでつけています。比較的均等に粒を付けられるのと、2粒ずつ付けるので作業が2倍速なのが魅力的です。
・・・お分かりとは思いますが、リアルではありません。本物は粒であって穴ではないですし、種がついているはず!
いつものピンセットに加えて、こちらで学んだ種付き苺の作成に挑戦です。時間はかかる、けど、断然種っぽいです。
h_IMAG0999.jpg

しばし乾燥。

4.色付け。
最後に、赤苺と緑苺で色付けです。使用するのはいつも通り、ターナーのアクリル絵の具です。中学時代からお世話になっています。

熟した赤苺は、パーマネントレッドとクリムゾンの重ね塗り。
モデナ製もマーメイドパフィ製も、あまり変わらない仕上がりになりました。不透明アクリル絵の具で覆ったので、当たり前と言えば当たり前ですか。
IMAG1057.jpg

熟す前の苺は、イエローオーカーとプルシアンブルーの混合。
アクリル絵の具を水で薄めて塗りました。こちらはだいぶ、下地の色が色塗り結果に反映されました。同じ色で塗っているのですが、モデナの方がだいぶ濃いですね。
モデナは粘土自体が少し透けるため、絵の具の色が少し深くなります。マーメイドパフィは明るい白なので、絵の具自体の色のみが見えます。(たぶん、そういう解釈だと思います)
IMAG1056.jpg

5.ニス塗り。
絵具が乾いたら、上からニスを塗ります。これで、すべて完成です。

苺ができあがったので、完成形の見た目がどう違うのか、ちょっと比べてみます。

【マーメイドパフィ製とモデナ製の赤苺】
h_IMAG1259.jpg
正直なところ、どちらもあまり違いが無かったです。ニスを塗るときれいにツヤツヤしますね。

【マーメイドパフィ製とモデナ製の緑苺】
h_IMAG1261.jpg
一番左がマーメイドパフィ製、左から2番目がモデナ製です。
緑は、同じ絵の具で塗ってもそうとう違う色になりました。マーメイドパフィの白さは、絵具が乾いても落ち着きませんでしたね。

【ピンセットでつけた粒と、クリアファイルでつけた粒】
↑の緑苺の写真では粘土の違いのほかに、粒の付け方の違いも映しています。
モデナ製の左側の苺は、ピンセットでつけた粒。モデナ製の右側の苺は、クリアファイルでつけた粒です。
遠目から見ると、違うような。違わないような。。。
近くで見るともちろん、クリアファイル粒の方が「苺らしく」見えます。


薄い色を塗ったときは色がかなり異なるので、あとは好みが分かれそうですね。
ということで、苺の作り方と比較を少々お届けしました。少しでも参考になれば。

それではみなさま、Bon week-end!

※ブログランキングに参加中です。
※記事がお気に召したら、アイコンクリックで投票していただけると、励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
【FS】日を浴びたモデナソフト/Study of a clay
こちら、フェイクスイーツを始めてから初めて作ったマカロンタワーになります。
モデナソフトに少しだけイエローオーカー(黄土色)を混ぜた薄クリーム色と、バーントアンバー(焦げ茶)を大量に混ぜたチョコ色でマカロン皮を作り、ペタペタとタワーに貼り付けました。
IMAG0875.jpg

しかし窓際に飾っていたので、日光浴び放題ホコリかぶり放題でした。日光を思いっきり浴びている面を見てみると、思いっきり変色していました。しかも緑に。
IMAG0877.jpg

さすがに日光の影響は強いなーとしみじみしていましたが、このマカロン、チョコ色の部分だけ変色が激しいです。絵の具をほとんど入れていない白粘土は、ほとんど変色がありません。
つまり、
  アクリル絵の具より粘土の方が、日光による変色に耐性がある。
  →絵の具が少ない方が色が変わりにくい。
  →薄い色の方が長持ちする。
ということでしょうか。

応用方法がまだ思い付いてませんが、ネタを発見をした気分です。
IMAG0874.jpg

これが、アクリル絵の具着色ではなく元々色つきの粘土だと、また違う耐久性を持っているんでしょうか。誰か実験してませんか?

最近はマーメイドパフィに傾倒しているので、モデナソフトを使う機会が無いなぁと思いつつ。
それではみなさま、Bon week-end!
【FS】レイトン教授とカルトナージュとイチゴ/My recent works
先週の記事で、書き貯めたストックが切れたので、今やってることの整理をしてみようと思います。

レイトン教授と超文明Aの遺産(3DS)
全問完全正解を目指して、間違えた瞬間にリセットするプレイをしております。セーブはすごいこまめ。
このシリーズは、ソーシャルゲーム以外はだいたい遊びました。答えがあるクイズは楽しいです。逆転裁判と組合わさった時は、絵柄に違和感がなくて驚きました…。(逆転裁判も好きです)

あ、クラフトもやってます!
ケーキ箱を作るため、牛乳パックを切り刻んでいます。これからテープでペタペタ貼って、箱の形にします。全部丸ケーキですね。
IMAG1069.jpg


あと、アートフラワーで苺ブーケを作りました。
IMAG1071.jpg
苺については、別の記事でも書きますね。

レイトン教授の話を書いていて、昔、教授の帽子を作ったことを思い出しました。
着れなくなった服で作ったのですが、意外と良いシルクハット色でした。
110321_chapeaux2.jpg
この帽子を作ったとき、作り方の動画も作ってました。作ったのはもう2年以上前。時がたつのは早いです。

コメントボタン←右下のこのボタンを押すと、流れる文字が非表示になります。

今週末も、レイトン教授に大部分時間を使う予定です。
みなさまも、楽しい週末を!Bon week-end!
【FS】ゼリービーンズ観察日記/Jelly beans' growing record
撮影用小物にしようと思い、すけるくんでゼリービーンズ作りました。

透明ネンド すけるくん」は、乾燥させると段々と透明になるという、変わった粘土です。最初は白いのですが、1週間も経つとだいぶ白が透明になり、加えた色が濃くなってきます。
いつもは、形作ったら1週間は放っておくのですが、毎日同じくらいの時間に写真を撮り比べてみました。観察日記です。

1日目
白い。まだまだ白いです。
130404_01.jpg
形作ったばかりですが、すでに乾燥によってひび割れが起きています (´・ω・`)
130404_02.jpg

2日目
1日でけっこう、色が濃くなりました。すけるまでは、まだまだこれからですが。
130405_01.jpg
130405_02.jpg
130405_03.jpg

3日目
この辺りから、濃い色は「すける」感じになってきました。
130406_01.jpg
130406_02.jpg

4日目
130407_01.jpg
130407_02.jpg

5日目
130408_01.jpg
130408_02.jpg
130408_03.jpg

6日目
130409_01.jpg
130409_02.jpg

7日目
1週間経つと、こんなに濃くなりました。あとは、ニスを塗ったら完成です。
130410_01.jpg
130410_02.jpg


初日
130404_01.jpg

1週間後 (明かりもだいぶ異なりますが、透け感は、まあまあ分かりますかね?)
130410_01.jpg


あと、すけるくんは乾燥するとヒビが入りやすい(乾燥による収縮が大きい)のも特徴です。
ヒビを押さえるためのブレンド用粘土も売られているのですが、手元にないので、樹脂粘土モデナを混ぜてヒビの入り方を観察してみました。

左から、「すけるくん100%」、「すけるくん 2 : モデナ 1」、「すけるくん 1 : モデナ 2」です。
IMAG0672.jpg

すけるくん100%は、ほかの二つと色が歴然の差です。ひび割れも歴然の差です。丸の位置に、大きくヒビが入っています。
IMAG0674.jpg

真ん中のブレンドだと、色は大分薄くなりましたが、ひび割れは小さくなりました。皆無ではありません。
一番右のブレンダと、もはや混合なのかモデナなのか微妙になるくらい色が薄くなっています。ただし、ヒビ割れはなくなります。

自分のために撮った写真ですが、せっかくなので誰かの参考になれば幸いです。
それでは みなさま、良い週末を。 Bon week-end!

※ブログランキングに参加中です。
※記事がお気に召したら、アイコンクリックで投票していただけると、励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェイクスイーツへ
はじめに / About
管理者:Rie →ブログの紹介
Twitter:@HoneyWineYdr
Shop:Etsy
参加イベント / Event
arteVarie 25(2016/10/09 東京ビッグサイト) C11a
記事カテゴリ / Category
いままでの記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索フォーム / Search
メールフォーム / Mail form
返信が必要な方は、件名に「【要返信】」と明記し、メールアドレスもご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参考書籍
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。