スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JapanExpoの後のスイス旅行 / Trip in Switzerland
これまでJapanExpoの話をしてきましたが、イベント後に、お隣のスイスに旅行に行きました。
こ こ も 、 あ つ い 。

どのくらい暑いかというと、

「FERMÉ」=閉店
150701_GE01.jpg

「高すぎる気温のため」
150701_GE02.jpg

お店も臨時休業するレベル。
※ちなみにここは、この記事で紹介した、Brico Dancetというお店。

街中が暑いので、涼を求めて水辺へ。
ジュネーブにはレマン湖という、透明度がとても高い湖がありまして、そこから流れるアルブ川では、数年前から遊泳がOKになりました。
150701_GE03.jpg
ま、あくまで自然の川なので、「遊泳は自己責任の下で」とでかでかと看板に書かれております。
150701_GE04.jpg
この日も気温が高かったので、けっこうたくさん人が来ていました。
私も水辺まで着たものの、水着を持っているわけではなかったので、近くに水があるのに入れないという生殺しのような状況だったんですけどね。結局。
150701_GE05.jpg

ジュネーブの涼の取り方とは、まずは湖。次点がデパートですね。
湖畔に吹く風は気持ちいいです。直射日光さえ避ければ。
150701_GE20.jpg
その湖を横断する公共交通機関、Mouette(ムエット)。窓が開いている船体とそうでないのとあるので、窓が開いているのに乗れるかは運しだい。
150701_JE24.jpg

街中が暑いので、涼を求めてジュネーブの外へ。
Grande Dixence(グランド ディクサンス)という、世界最大級のダムへ。
150701_GE30.jpg
このダムは、夏の間に溶ける、氷河に降り積もった雪の雪解け水を溜めています。
今は真っ白ですが、水量が増えると泥や澱が沈殿し、綺麗な青い透明の水になるそうです。
150701_GE32.jpg
山の上、奥に雪というか氷の山も見えますね。空気も涼し(くはないけれど比較的気持ちがい)いー!
150701_GE34.jpg

もうひとつ、涼を取りに出かけました。ヨーロッパ最大の地底湖、Lac Souterrain de St. Leonard(サン・レオナール地底湖)。
150701_GE35.jpg
地下へ降りていくとそこは・・・
150701_GE36.jpg
気温16度という涼空間!夏は外気温との温度差がすごいので、長そでが必須!
地底湖の奥へ奥へ小舟で進んでいく30分程度のツアーに乗せてもらい、ぽつぽつと置かれた照明を頼りに、非現実的な空間を楽しんできました。
150701_GE37.jpg
ここは車がないと行くのが大変そうですし、ほかに観光名所もなさそうな普通の町でしたが、「また行きたい」と思わせる不思議な場所です。地底湖って、奥が深そう。


今回、図らずも美食の旅になりました。おいしいは正義ですね!
創作寿司のお店「Sake」。リーズナブルなお値段でコースが楽しめます。
話によると、アイディアに溢れた創作和食が楽しめるそうです。来年も行きたいなー。デザートも最高でした。
150701_GE10.jpg

私が大好きな鳥の半身焼き。丸焼きでもいいのになー。メニューにないんですよねー。残念ですなー。
お店は、「Chez ma cousine」。
150701_GE11.jpg
同じお店のタルトタタン&バニラアイス。鳥の半身とこのタルトを食べるまでが一連の流れ。
150701_GE12.jpg
私は!旅行は食べ物が楽しみなのです!!(力説)
毎年毎年、年齢が上がるにつれて、食べられる量が減っているのがとても悔しいんですよ・・・ほんとうに・・・。

最後は脱線しましたが、暑い暑いスイスに数日間滞在してきました。
スイスは山が有名ですが、それぞれの町ごとに文化的特色があるので、是非、みなさんもお立ち寄りください!

私は現実に帰ってきてしまったので、また次回の旅行を楽しみに過ごします・・・。
さらば私の夏休み・・・。

ではでは。
Secret
(非公開コメント受付中)

はじめに / About
管理者:Rie →ブログの紹介
Twitter:@HoneyWineYdr
Shop:Etsy
参加イベント / Event
arteVarie 25(2016/10/09 東京ビッグサイト) C11a
記事カテゴリ / Category
いままでの記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索フォーム / Search
メールフォーム / Mail form
返信が必要な方は、件名に「【要返信】」と明記し、メールアドレスもご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参考書籍
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。