スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【FS】粉止めにフィキサチフ使ってみた/Pastel Fixative
こんばんは。
クッキーは縁の焼き色が命。

最近は、クッキーやケーキスポンジの縁に、タミヤさんの「焼き色の達人」を重宝しています。
すでに色がパウダーでできており、自分で作り直す必要がないのでムラが出ないのです。便利。

ただし、粉なので 、いかんせん、落ちるのです。

沢山粉を付けて、筆でニスを塗ると色が取れそうでな気がする…。
なので、どうにか粉に直接触れずに粉を定着できないかと、パステル用のフィキサチフをかけてみました。
パステルの粉を紙に定着させるためのものなので、できたら良いなーくらいで考えてました。


【実験】
ふわふわパフィを、焼き色の達人で着色します。
この時点では、色付けした面を紙にこすり付けると、少々色が紙につきます。色落ちしてます。
Picture091512_170244.jpg

色を付けた上から、フィキサチフをスプレーします。
私が持っているのは、ターレンスのパステルフィキサ(ピンクのラベルのもの)です。パステル画にあこがれて、フィキサチフだけ買っておいた甲斐があったというものです。
Picture091512_170317.jpg

【結論】
予想以上にしっかり定着しました。触っても擦っても粉が落ちません。フィキサチフ偉い!
・紙や手にこすり付けても粉が落ちなくなりました。
・見た目や触り心地は、少々ザラつきを感じる程度。
・アルミカップ部分にフィキサチフがかかっても、感触の変化はあまりなし。気にならない。
・スプレーなので多くを一度に定着させられる。
・乾燥に時間がかからない。

防水にはならないので、屋内で使用するものに使いたいと思います。


おまけ。
うまいこと粉が定着したので、実験したカップケーキ土台はメモスタンドになりました。
Picture091612_172808.jpg
Picture091612_191627のコピー
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんばんは。クッキーは縁の焼き色が命。最近は、クッキーやケーキスポンジの縁に、タミヤさんの「焼き色
はじめに / About
管理者:Rie →ブログの紹介
Twitter:@HoneyWineYdr
Shop:Etsy
参加イベント / Event
arteVarie 25(2016/10/09 東京ビッグサイト) C11a
記事カテゴリ / Category
いままでの記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索フォーム / Search
メールフォーム / Mail form
返信が必要な方は、件名に「【要返信】」と明記し、メールアドレスもご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参考書籍
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。