スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JapanExpoの後のスイス旅行 / Trip in Switzerland
これまでJapanExpoの話をしてきましたが、イベント後に、お隣のスイスに旅行に行きました。
こ こ も 、 あ つ い 。

どのくらい暑いかというと、

「FERMÉ」=閉店
150701_GE01.jpg

「高すぎる気温のため」
150701_GE02.jpg

お店も臨時休業するレベル。
※ちなみにここは、この記事で紹介した、Brico Dancetというお店。

街中が暑いので、涼を求めて水辺へ。
ジュネーブにはレマン湖という、透明度がとても高い湖がありまして、そこから流れるアルブ川では、数年前から遊泳がOKになりました。
150701_GE03.jpg
ま、あくまで自然の川なので、「遊泳は自己責任の下で」とでかでかと看板に書かれております。
150701_GE04.jpg
この日も気温が高かったので、けっこうたくさん人が来ていました。
私も水辺まで着たものの、水着を持っているわけではなかったので、近くに水があるのに入れないという生殺しのような状況だったんですけどね。結局。
150701_GE05.jpg

ジュネーブの涼の取り方とは、まずは湖。次点がデパートですね。
湖畔に吹く風は気持ちいいです。直射日光さえ避ければ。
150701_GE20.jpg
その湖を横断する公共交通機関、Mouette(ムエット)。窓が開いている船体とそうでないのとあるので、窓が開いているのに乗れるかは運しだい。
150701_JE24.jpg

街中が暑いので、涼を求めてジュネーブの外へ。
Grande Dixence(グランド ディクサンス)という、世界最大級のダムへ。
150701_GE30.jpg
このダムは、夏の間に溶ける、氷河に降り積もった雪の雪解け水を溜めています。
今は真っ白ですが、水量が増えると泥や澱が沈殿し、綺麗な青い透明の水になるそうです。
150701_GE32.jpg
山の上、奥に雪というか氷の山も見えますね。空気も涼し(くはないけれど比較的気持ちがい)いー!
150701_GE34.jpg

もうひとつ、涼を取りに出かけました。ヨーロッパ最大の地底湖、Lac Souterrain de St. Leonard(サン・レオナール地底湖)。
150701_GE35.jpg
地下へ降りていくとそこは・・・
150701_GE36.jpg
気温16度という涼空間!夏は外気温との温度差がすごいので、長そでが必須!
地底湖の奥へ奥へ小舟で進んでいく30分程度のツアーに乗せてもらい、ぽつぽつと置かれた照明を頼りに、非現実的な空間を楽しんできました。
150701_GE37.jpg
ここは車がないと行くのが大変そうですし、ほかに観光名所もなさそうな普通の町でしたが、「また行きたい」と思わせる不思議な場所です。地底湖って、奥が深そう。


今回、図らずも美食の旅になりました。おいしいは正義ですね!
創作寿司のお店「Sake」。リーズナブルなお値段でコースが楽しめます。
話によると、アイディアに溢れた創作和食が楽しめるそうです。来年も行きたいなー。デザートも最高でした。
150701_GE10.jpg

私が大好きな鳥の半身焼き。丸焼きでもいいのになー。メニューにないんですよねー。残念ですなー。
お店は、「Chez ma cousine」。
150701_GE11.jpg
同じお店のタルトタタン&バニラアイス。鳥の半身とこのタルトを食べるまでが一連の流れ。
150701_GE12.jpg
私は!旅行は食べ物が楽しみなのです!!(力説)
毎年毎年、年齢が上がるにつれて、食べられる量が減っているのがとても悔しいんですよ・・・ほんとうに・・・。

最後は脱線しましたが、暑い暑いスイスに数日間滞在してきました。
スイスは山が有名ですが、それぞれの町ごとに文化的特色があるので、是非、みなさんもお立ち寄りください!

私は現実に帰ってきてしまったので、また次回の旅行を楽しみに過ごします・・・。
さらば私の夏休み・・・。

ではでは。
スポンサーサイト
普通に日記。
最近めっきり粘土をやっていないので、ブログに書くことがなくて困りましたねー。
代わりに何をしていたかと言えば・・・ゲームばっかり!

・WiiUでPikmin3。人生初ピクミン。たくさん食べられてしまった・・・ごめん・・・。
・WiiUでBayonetta。すごい綺麗。
・WiiUでMarioKart8。友達が一緒に対戦してくれるので、ちょこちょこと遊んでいます。
・3DSで逆転裁判1,2,3。1のなるほど君、こんな性格でしたっけ・・・?

あと、Kindleアプリを入手したので、デルフィニア戦記をシリーズ通して買ってしまいました。
紅蓮の翼はファンサービスでした。泣いた・・・。泣いた・・・。

* * * * * * * * * * * * 

思い出したようにデザフェスの話ですが、11月8日9日の土日に開催される、Design Festa Vol.40に出展します。
両日参加でブースは「Honey Wine F-066」です。
デザフェス自体、ものすごく面白いお店の集まるイベントなので、ぜひ楽しみに来てください。

* * * * * * * * * * * * 

・・・そろそろ粘土も触らなければ。
Tokyo craft Guide
この間、Etsy craft party に行ってきました記事を書いたのですが、その日、Etsy sellerの3人が、とある電子書籍をリリースしました。
IMAG1049.jpg


その書籍とは、Tokyo craft Guide
主に東京の西側にあるクラフト用品店を、英語スピーカー向けに紹介したガイドブックです。
日本語の紹介ページがあるので、私はとりあえずここを読みました。

もともと、著者2名はそれぞれのクラフト生活をブログで書いていて、有名どころ(東急ハンズとか日暮里の繊維街とか)は紹介しているのですが、「この本はもっとディープな世界を紹介します」とのこと。ディープ。

Etsy craft party で試し読みをさせてもらい、翌日に買いました。
ほかの人とも話したのですが、色々とお得な本だと思います。

お得その1:便利だ。
引きこもりで面倒くさがりな私には、情報がまとまっているガイドブックは欠かせないものなのです。クラフト用品店ていうテーマがまた、私たちをそそりますよね。

お得その2:デザインがカワイイ。
各ページ、ほんわかしたデザインとフォントで構成されていて、イラストや写真も多目なので、ビジュアルブックとしてパラパラめくるだけで癒されます。

お得その3:もしかしたら…。
著者が英語ネイティブなので、読み込んだら英語の勉強になるとか、クラフト系の単語に詳しくなるとかないかなー?と期待を抱いています。
あ、努力次第ですね。おっしゃる通りですね。

あと、価格がお手頃。1700円くらい。

私の場合、著者の方が同じseller(sellerとしての活動レベルは段違い)だとか、直接会話をしたことがあるなど、勝手に肩入れしてますが、おすすめの一冊です。

最後にもう一度紹介しておきますね。
公式サイトはこちらこのページに「Add to cart」ボタンがあるので、購入できるようです。
私はEtsy 経由で買いました。

西東京はあまり足を運んだことがないので、このガイドを持って探索にいくのも良さそうです。
たまにはね、外に出ないとですね…!

それではみなさまも、良い週末を。
Bon week-end!
【FS】うちの参考資料たち/My references
年末年始は、全然粘土をしなかった代わりに絵を描いたりしてました。
2色が1本になった12色の色鉛筆、とても便利です。
130216_drawings.jpg


部屋の掃除をしていたら、去年買った本が発掘されましたせっかくなので紹介しましょう。
フェイクスイーツは出てきません。(´・ω・`)


『Sundaes and Splits: Delicious Recipes for Ice Cream Treats』
『Christmas Cupcakes』
神田の古本祭りで入手しました。毎年何があるか分からないのが楽しい古本祭りですが、今年はカップケーキとサンデーの本を見つけました。村上春樹は読もうと思って買ったけどまだ読んでません。腐海の森の積読リストに追加されました。
130216_livres01.jpg


『Bijoux sucrés créations en pâte polymère』
『Les bijoux tout en gourmandise de Lilli Prune』
クリスマスに友人からプレゼントされた本たち。フランスで出版されたフェイクスイーツ本です。右側の著者Lili Pruneさんのブログに載ってるカリソンのブレスレットかわいいです。
130216_livres03.jpg


『牛乳パックでつくる便利なおうちこもの』
『cafe-sweets vol.140』
『アイシングでつくる愛されるお菓子 シュガーケーキ&クッキー』
年末に本屋で見つけたお菓子雑誌と、(本物の)アイシング本と、牛乳パックカルトナージュの本。神保町のChez moiにはスイーツ雑誌や旅行雑誌が揃えてあるので、毎回一周するのが楽しみです。
130216_livres02.jpg


買った本はなるべくブクログに登録したいのですが、最近はブクログの検索で失敗するので全部は登録できてません (´・ω・`)
amazon.comでも見つからないよ…。
2013年始まりました。
1月も3分の2が終わりましたね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

年末年始は粘土に触らない生活をしてました。粘土をこねないのは数年ぶりかもしれません。

新作はないのですが、昨年の12月にMaker Faire Tokyoに出品した作品を紹介します。
スマホケースやストラップを作りました。


カスタードクリームにスライス苺を並べたiPhone4ケース
iPhone4 Case - Strawberries on custard

初めて作ったスマホケース。苺のスライスの赤と、カスタードクリームの黄色がメインカラーです。
強度を上げるため、全体をレジンコーティングしています。


ジャムクッキーと白黒チョコのiPhone4ケース
iPhone Case - Jam cookies on black and white chocolate

スマホケース第2弾です。白黒のチョコレートタイルを敷いて、そこにジャムクッキーを散りばめました。
右下のチョコピースが欠けているのはお遊びです。


バタフライ型の、苺クリームサンドイッチクッキー ストラップ
Charm - Cream sandwich butterfly cookie with white icing

バタフライ型のクッキーで苺クリームをサンドし、裏表両方にアイシングを施しました。
蝶には花を、ということでメタルパーツは花です。
はじめに / About
管理者:Rie →ブログの紹介
Twitter:@HoneyWineYdr
Shop:Etsy
参加イベント / Event
arteVarie 25(2016/10/09 東京ビッグサイト) C11a
記事カテゴリ / Category
いままでの記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索フォーム / Search
メールフォーム / Mail form
返信が必要な方は、件名に「【要返信】」と明記し、メールアドレスもご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参考書籍
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。